《シュリンカー・シュリンプ》

効果モンスター
星5/光属性/サイバース族/攻1700/守 100
【条件】自分フィールドの表側表示モンスター(サイバース族)を2体まで墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで、[この効果の条件で墓地へ送ったモンスターの数]×300ダウンする。

 マキシマム超絶強化パックで登場した光属性サイバース族上級効果モンスター
 フィールドサイバース族を2体まで墓地へ送り相手モンスター1体の攻撃力墓地へ送った枚数×300弱体化する効果を持つ。

 このカード自身が上級モンスターでありリリースが必要で、さらにモンスター墓地へ送る必要があるため重い。
 2枚で600という弱体化値も1枚で500弱体化できる《スパークハーツ・ガール》や、1枚で700弱体化できる《グラビティ・プレス・ドラゴン》が既に存在することを考えると効率が悪い。
 自身も墓地へ送ることができるが、リリースを含めて2枚消費していることになるため効率は非常に悪くなる。
 基本的に他の下級サイバース族コストに用意したい。

 単体で攻撃力2300まで処理できる上級モンスターというのはレジェンドカードを除けば、他には《ソニック・イェーガー》程度でそこそこ希少。
 ただこのカードの場合、このカード以下の消費で最上級モンスターアドバンス召喚ができてしまうことを考えると利点になり辛いだろう。

 《アトロン》《ゼプトロン》サポートのために発動するのも良い。
 《フェムトロン》と自身をアドバンス召喚リリース及び効果墓地へ送れば、それらの条件とする墓地《フェムトロン》が存在しフィールドモンスターがいないという状況が整えられる。
 手札交換しつつ同様のことを行える《ピーコック・ハイトロン》も存在するが、こちらは既にフィールドに他のモンスターがいる場合にそちらをアドバンス召喚リリースにし、《フェムトロン》と自身を効果墓地へ送るということが可能。
 ただし、このカードの場合弱体化のために相手フィールド表側表示モンスターが必要になる点は注意。

  • 「シュリンカー」とは梱包用機器の事で、特に書籍・雑誌をビニール包装する機械を指す。
    とはいえ、弱体化効果を持つことから、収縮を意味するシュリンクに「〜をする人」を意味するerを付け、収縮させる者という意味で使っていると思われる。
    このモンスターサイバース族であることからソフトウェアにおける「シュリンクラップ契約」がモチーフであろう。
    また、「シュリンプ」は英語で小エビの事。
  • ちなみに、英語で「エビ」を指す単語はいくつかあり、大きさによって名称が変わる。
    クルマエビ程度の大きさのものは「プラウン」、伊勢海老くらいの大きさになると「ロブスター」と呼ばれる。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画「遊☆戯☆王SEVENS ルーク! 爆裂覇道伝!!」の「ルークvsネイル」戦でネイルが使用。
    《天の加護》墓地へ送った。

収録パック等

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-22 (金) 17:58:35 (2d)