天翔(てんしょう)流麗(ルーラ)ヤメテラス》

フュージョン・効果モンスター
星9/光属性/天界戦士族/攻3000/守3000
「魔将ヤメルーラ」+「戦天女ハリキリー」
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【選択効果】
●次の相手ターン終了時まで、このカードが表側表示の間、
このカードの攻撃力は500アップし、お互いはモンスター(レベル9以下)を表側攻撃表示で特殊召喚できない。
●自分または相手フィールドのモンスター1体を選んで表示形式を変更する。

 デッキ改造パック 混沌のオメガライジング!!で登場する光属性天界戦士族フュージョンモンスター
 デッキトップ墓地へ送り、「お互い特殊召喚封じ及び自己強化効果」あるいは「モンスター1体の表示形式を変更する効果」から適用する効果を選ぶ選択効果を持つ。

 素材《魔将ヤメルーラ》《戦天女ハリキリー》
 汎用性の高い効果を持つ《魔将ヤメルーラ》下級モンスターの組み合わせであるため、種族などにシナジーがなくとも《フュージョン》を採用するデッキなら採用候補となるだろう。

 1つ目の効果お互いレベル9以下のモンスター表側攻撃表示での特殊召喚を封じて、自身の攻撃力を500上昇させる効果
 レベル9以下の特殊召喚ということで現状マキシマム召喚以外のほぼ全ての特殊召喚を制限できる。
 また自己強化により自身の攻撃力も3500まで上昇するため、アドバンス召喚のみで突破することもそうそう許さない。
 ただし、表側守備表示特殊召喚することは可能なので、相手の展開を完全に止められるというわけではない。
 また、アドバンス召喚した《セブンスロード・マジシャン》や、《陰陽封陣》など攻撃力3500程度なら突破方法も増えているため、過信は禁物。

 2つ目の効果表示形式の変更。
 《風使いトルネ》に近い効果モンスターを無理やり攻撃表示にしたり、低守備力モンスター守備表示にして戦闘破壊を容易にしたりできる。
 またこのカード自分モンスター表示形式も変更できるため、素材でもある《魔将ヤメルーラ》のようなモンスターとのコンボも可能。

 ただしどちらの効果マキシマムモードには効果があまり期待できない。
 素材《魔将ヤメルーラ》マキシマム召喚は同様に苦手であるため、【マキシマム召喚】は辛い相手と言える。
 一応1つ目の効果強化と他のカードの効果を組み合わせれば、戦闘破壊も狙えるため手も足も出ないわけではない。

  • カード名《魔将ヤメルーラ》と、日本神話の太陽を司る女神にして最高神である天照大神(あまてらすおおみかみ)を掛けたものか。
    相手の行動を止めさせる「やめて」とも掛かっている。
  • フュージョン召喚時の口上は、「やめて やめられ やめません やおよろずのヤメが岩戸を開き、放つ光は何照らす!いでよ!天界戦士族《天翔流麗ヤメテラス》!」。
  • このカード攻撃時、「よろずを照らす日輪の刃で闇を切り裂き救いましょう!」と口上めいたセリフが述べられていた。

関連カード

収録パック等


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-10 (日) 20:58:58 (14d)