対生成(ついせいせい)

通常魔法
【条件】レベルが同じ手札のモンスター(レベル5以下/サイバース族)2体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドの表側表示モンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで、[この効果の条件で墓地へ送ったモンスター1体のレベル]×400アップする。

 マキシマム超絶強化パックで登場した通常魔法
 レベルが同じレベル5以下のサイバース族モンスター2体を墓地へ送りフィールド表側表示モンスター1体の攻撃力墓地へ送ったモンスターレベル×400強化する効果を持つ。

 レベルモンスター墓地へ送れ強化値は1600、レベル5なら2000となり大幅な強化を見込める。
 ただしこのカード含め3枚のカードを消費するため重く、同レベルサイバース族2体が手札に存在しない場合には発動すらできないため条件も厳しい。
 大抵の場合コストに当てるカードアドバンス召喚リリースアタッカーとして利用したほうが総攻撃力は高くなりやすいため、上手く使える局面は限られる。

 マキシマムモンスターならマキシマム召喚後は手札モンスターを持て余すため、コストの重さもある程度緩和される。
 しかしサイバース族マキシマムモンスター強化カードとしては、このカードより腐りにくく軽いコスト《10sionMAX!!!》が存在し、あちらより優先できる状況は限られるとも言える。
 とはいえ《天帝龍樹ユグドラゴ》ならば毎ターン攻撃の的を自力で作り出せるため、そのまま1ターンキルには届かなくともこのカードで予想外の大打撃を与える事はできる。
 その用途で使うなら、マキシマムモンスターと相性の良い手札交換効果を持ち、なおかつサイバース族であるトロンモンスターをこのカードコストにすると良い。

 無論、《フェムトロン》らの強化に用いても良い。
 レベル3の《アトロン》でも、レベル5のサイバース族コストに使えば《青眼の白龍》と並ぶ攻撃力3000に達し、戦闘補助そのものとしては破格のものだと言える。

  • 「対生成」とは、量子力学において素粒子と反粒子が同時に生成される現象を指す。

収録パック等

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-06 (金) 22:26:11 (79d)