幻撃竜(げんげきりゅう)ミラギアス》

効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
【条件】手札のモンスター(レベル7以上/ドラゴン族)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】相手フィールドの表側表示モンスター(レベル7以下)を2体まで選び、
その攻撃力をターン終了時まで1500ダウンする。
このターン、このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ中、
このカードはもう1度だけモンスターに攻撃できる。

 デッキ改造パック 幻撃のミラージュインパクト!!で登場した闇属性ドラゴン族最上級効果モンスター
 ドラゴン族最上級モンスター手札コストとして墓地へ送り相手モンスターを2体まで弱体化してこのターンモンスターへの連続攻撃ができるようになる効果を持つ。

 連続攻撃能力を持つギアスドラゴン族の1体。
 手札コストドラゴン族最上級モンスターが必要なので、採用デッキ【ドラゴン族】となる。
 《フェニックス・ドラゴン》はこのカードリリースにしつつ、手札コストの確保やこのカード自身のサルベージを行えるため、相性が良い。

 採用にあたっては、他のギアスとの差別化が問題となる。
 まず、《連撃竜ドラギアス》との使い勝手の差はかなり大きい。
 あちらは連続攻撃手札コストが不要であり、2度めの攻撃直接攻撃にできるのでダメージが稼ぎやすい。
 基本的には《連撃竜ドラギアス》を採用した上で、第2の最上級モンスター枠を他のギアスと争う形となる。

 このカードの強力なライバルと言えるのが《零撃竜ゼロギアス》である。
 このカードと同ステータスで、同じ手札コスト条件とし、ほぼ同じ連続攻撃相手モンスター弱体化効果を持っている。
 あちらの弱体化効果は「レベル8以下モンスター1体の元々の攻撃力を0にする」もので、このカードと異なりレベル8を対象にできるため、《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》等のレベル8・攻撃力2500勢や、格上の《青眼の白龍》などを倒せる。
 このカードの方がダメージ効率が上回る場面もあるのだが、「レベル8に効かない」のはかなりのデメリットであり、《零撃竜ゼロギアス》の方が優先しやすいだろう。

  • 召喚時の口上は、「冷たき世界を熱き炎で燃え上がらせろ!超幻影の超ドラゴン!超超アドバンス召喚!超超超……出てこい!《幻撃竜ミラギアス》!」
    意図してかは不明だが、口上に含まれる「超」はレベルと同じ7つである。
  • ルークは手札に来るまでこのカードの存在を全く知らず、彼本人がデッキに投入したわけではない模様。
    デッキに投入された経緯も現状不明だが、この回のデュエルは不可解な点が非常に多く、何らかの超常的な力が作用した可能性がある。
    • また同話のラストシーンでも、いつの間にかこのモンスターのフィギュアが生徒会室(ルーク部部室)に出現している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールドレベル7以下のモンスターがいない場合、《幻撃竜ミラギアス》の効果発動できますか?
A:できません。
  《幻撃竜ミラギアス》の効果を使う場合、相手フィールドレベル7以下のモンスターが1体以上いる必要があります。(20/11/13)

外部リンク



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-19 (火) 06:42:55 (6d)