死者蘇生(ししゃそせい)

通常魔法(LEGEND)
【条件】なし
【効果】自分または相手の墓地のモンスター1体を選び、自分フィールドに表側表示で特殊召喚する。

 最強バトルデッキ +1ボーナスカードで登場した通常魔法レジェンドカード
 ノーコスト自分または相手墓地モンスター蘇生する効果を持つ。

 このカード1枚であらゆるモンスター蘇生できる。
 墓地に置いた自分モンスター蘇生させる他、相手モンスター蘇生させ戦力にできる。

 相手モンスター効果破壊した後、そのモンスターをそのまま蘇生するのもいいだろう。
 《ドラゴニック・プレッシャー》等で全体除去をした後に使用すれば大ダメージが狙える。

 《強欲な壺》と並び汎用性カードパワーともに、レジェンドカードの中ではトップクラスの性能を誇ると言っても良い。
 デッキとの相性など特段の事情がなければ、レジェンドカードの枠にはどちらかを採用するのが良いだろう。

 しかし、マキシマム召喚した場合にしか効果攻撃力を得られないマキシマムモンスター蘇生させてもほぼ無意味。
 マキシマムモンスターを軸とする相手には自分モンスター蘇生させて活用したいところ。
 逆にこちらがマキシマムモンスターを軸としている場合は、《死者転生》など他のレジェンドカードを採用するのも良い。
 とはいえ、マキシマム召喚前の事を考えてこのカードを採用しても、一定の働きは見せてくれるだろう。

 特殊召喚できるモンスター墓地にいない序盤に引いても腐ってしまう。
 アドバンス召喚フュージョン召喚ができる状況ならば、リリースや素材に使ったモンスターに対して使うとよい。

  • 「♀」のような記号が大きく描かれているだけという、特徴的なイラストを持つ。
    これはエジプトの幸運のお守り等に使われる「アンク」と呼ばれる輪つき型十字架である。
    「アンク」とは、古代エジプト語で「生命」を意味する神聖文字の1つである。
  • 遊戯王OCGにも登場していたカードの1枚。
    墓地からモンスター特殊召喚する」ことを指す非公式用語「蘇生」の語源となったカードである。
    あちらにおいて、長らく制限カード(デッキに1枚しか入れることができないカード)の扱いを受け続けており、その強力さはルールに依らずとも評価されている。
    一時期はそれよりも厳しい禁止カード(デッキに入れることができないカード)に指定されていたこともあった。
  • また、原作漫画「遊☆戯☆王」を始めとする数々の遊戯王作品に登場しており、劇中でもキーカードやパワーカードとしての扱いである。
    正に「遊戯王」を象徴するレジェンドの名に相応しい扱いのカードでもある。

関連カード

収録パック等

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-22 (日) 19:50:21 (63d)