連撃竜(れんげきりゅう)ドラギアス》

効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このターン、このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ中、
このカードはもう1度だけ攻撃できる。

 スターターデッキ ルーク -爆裂覇道! ドラギアス!!-で登場した光属性ドラゴン族最上級効果モンスター
 デッキトップコストにして、連続攻撃する効果を持つ。

 元々の攻撃力が2500と高く、大半のモンスター戦闘破壊できる。
 さらに連続攻撃が行えるため、攻撃表示モンスターに2度攻撃するか、1体モンスターを倒して直接攻撃に繋げることで、戦闘ダメージを稼ぎやすい。
 また、ラッシュデュエルでは攻撃可能なモンスターと同数のモンスターを並べて攻撃を耐えることが容易に行え膠着状態を生みやすいため、2度攻撃して相手モンスターを減らしてダメージを与えやすくなるこのカードの価値は非常に高い。
 条件デッキトップ墓地へ送るだけと緩いのも評価点。

 元々の攻撃力の高さは、相手ターンの倒されにくさにも繋がるため生存しやすい。
 守備力もそれなりにあり、表示形式を変更されても下級モンスター攻撃程度なら防ぐことができる。
 もちろん、相手ターンを生き残れば次のターン連続攻撃を仕掛けられる。

 相性の良いカードとしては、単体強化貫通付与を行う通常魔法効果モンスターが挙げられる。
 これらのカードは、通常は1度攻撃を行うと効果が切れてしまうが、このモンスターを対象にすれば強化貫通状態で2度の攻撃ができるため、その効力を事実上2倍にできるためである。
 《10sionMAX!!!》との相性は抜群で、数の多い攻撃力2500のアタッカーを一方的に破壊できるようになるのはもちろん、モンスター連続攻撃すれば最大5800ものダメージを与えられる。
 《一気貫通》条件が厳しくデッキは選ぶが、攻撃力2000アップ+貫通付与により、ほとんどの状況で4000超のダメージを叩き出し、最大で9000のダメージを与えて1ターンキルまで見込める。

 【ドラゴン族】ではサポートカードが多く、エースとしての活躍が期待できる。
 一方で条件効果種族属性などの縛りがないため、【ドラゴン族】以外のデッキでも問題なく採用できるのも特長。
 フィニッシャーの不足している他の種族デッキに、このカードとそれをサルベージできる《フェニックス・ドラゴン》が3枚ずつ出張することも多い。
 《ダーク・リベレイション》を利用できる【魔法使い族】をベースに、このカードアタッカーとして採用した【竜魔】が、ラッシュデュエル発売以降長らく環境トップに立ち続けている事からも、その実力は折り紙付きと言える。

 ステータス種族効果とあらゆる面が恵まれており、遊戯王ラッシュデュエルにおける最上級モンスターの基準となる1枚である。
 【グッドスタッフ】【ドラゴン族】はじめ、幅広いデッキで活躍している。

  • 召喚時の口上は「今俺の銀河に7つの超新星がガンマ線バースト!やめろっと言われてももう遅い。やめろっと言われてももう遅い。2回言ったのは意味がある。さあ出てこい!《連撃竜ドラギアス》!」。
    「vs猫山シュレディンガー」戦では「やめろっと~意味がある」の部分が省略された口上となっていた。
    また、「vs新太」戦では相手モンスターが存在しない(=連続攻撃が使えない)状況だったため、「2回言ったのは意味がある」の部分が「今回も一応2回言ってみた」に変わっていた。
    「遊我vsルーク」(2戦目)では、「やめろっと」の部分を3回の後、「今回は特別に3回言わせてもらったぞ!」となった。
    「ルークvsロア」戦では、「今社長の銀河に7つの超社長新星がガンマ線バースト!ふっふっふ。ふっふっふ。ルーク社長が2回笑ってみた。さあ出てこい!《連撃竜ドラギアス》!」となっている。
  • 「ガンマ線バースト(gamma-ray burst)」とは、超新星爆発を起こした恒星から周囲へ強烈なガンマ線が放出される物理現象である。
  • 召喚時の口上「7つの超新星」、効果名「ギアスチャージ」から、天文学者ラリー・モルナーとその同僚が発見した、赤色新星最終段階に近い7つの星及び、2つの恒星が衝突・融合することによって生じると考えられている爆発現象「高輝度赤色新星(Luminous red nova)」と、クラーク・アシュトン・スミスの小説『七つの呪い(The Seven Geases)』を指す「ギアス(Geases)」を掛けていると思われる。
    カード名からは読み取りにくいものの、《セブンスロード・マジシャン》と同じくSEVENS(sevenの複数形)に関するモチーフを与えられている。
    また攻撃名の「爆裂覇道撃光弾」や「滅殺覇道竜王撃」等に入っている「覇道」は、遊戯王SEVENSの主人公である王道遊我の名にある「王道」に対する対義語である。
  • 「ザ☆ルークメンvsユウオウ」戦でザ☆ルークメンが使用した際には「今!ザ☆ルークメンの銀河に7つの」まで述べたところで口上が中断され、中間部分を省いて「来い!《連撃竜ドラギアス》!」と繋げられた。
    「vs魔神ユーガ」戦では「今!ザ☆ルークメンの銀河に7つの超新星がガンマ線バースト!やめろっと言われてもザ☆遅い。やめろっと言われてもザ☆遅い。2回言ったのは意味がある。出て来るがいい!《連撃竜ドラギアス》!」となっている。
  • 第14話にてロミンが作った真っ青なカレーライスを、ルークがその色にちなんで「ドラギアスカレー」と名付けている。
    「遊我とルークのモンスター研究所」でも、このドラギアスカレーを紹介している。
  • 漫画「遊☆戯☆王SEVENS ルーク! 爆裂覇道伝!!」でもルークが度々使用。
    魔法カード《ドラゴニック・カタパルト》の効果を受けた際の攻撃(1回目)は、光の弩を放つ「爆裂覇道撃弩」となっている。
    (2回目は、通常と同じ「滅殺覇道竜王撃」だった。)
    《装魂竜ガイギアス》効果を受けた際は攻撃名が「爆裂覇道撃光砲」(1回目)、「滅殺覇道竜王砲撃一斉射(フルバースト)」(2回目)に変化している。
  • 漫画『遊☆戯☆王ラッシュデュエルLP』特別読切版の「タイヨウvsドラマル」戦でドラマルが使用。
  • 漫画『遊☆戯☆王ラッシュデュエルLP』(連載版)の「太陽vsドラマル」戦でもドラマルが使用。

関連カード

―《連撃竜ドラギアス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《連撃竜ドラギアス》の効果を使ったターンバトルフェイズに、《連撃竜ドラギアス》の1回目の攻撃モンスター破壊し、続けて《暗黒の竜騎士》攻撃をしました。この後に《連撃竜ドラギアス》の2回目の攻撃をすることはできますか?
A:《連撃竜ドラギアス》の2回目の攻撃をすることができます。(20/04/04)

Q:バトルフェイズがない先攻ターン目に、《連撃竜ドラギアス》《ツインエッジ・ドラゴン》効果発動することができますか?
A:《連撃竜ドラギアス》《ツインエッジ・ドラゴン》どちらの効果発動することができません。(20/04/04)

外部リンク



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-20 (水) 19:25:06 (4d)