【グッドスタッフ】

デッキの概要

 グッドスタッフとは、属性種族を重視せず、単体性能の高いカードを詰め込んだデッキ
 OCG界隈では古くは【スタンダード】と言ったが、2010年代ごろから【グッドスタッフ】と呼ばれることが多くなった。
 ラッシュデュエルは【グッドスタッフ】の語が一般化した2020年発売のゲームであるため、本項目ではこちらの名称を使用する。

デッキ構築に際して

 特にコンボ用のカードを搭載しないため、手札事故が起こりにくく、安定した戦いが可能。
 単体性能の高いカードを詰め込む性質上、どのようなカード手札に来てもそれなりに戦う事ができ、種族デッキにありがちな「単体性能は一歩劣るが、種族サポートを受けられるので採用する」カードがないため、戦闘能力に長ける。
 その反面種族デッキと比べ、爆発力に劣る面があり、フィールド魔法などの恩恵も受けづらい。

 また、【グッドスタッフ】に採用されるカードは、どのようなデッキでも使いうる汎用性の高いカードということでもある。
 種族デッキ等を作っていてデッキパワーが足りないと感じた際は、このページにあるカードを投入すると補えるだろう。

メインデッキモンスターについて

 とにかく単体性能の高いカードを詰め込む。

下級モンスター

上級モンスター

最上級モンスター

魔法・罠カードについて

 こちらも単体性能の高さを突き詰めて採用する。
 ただ、モンスターに比べると魔法・罠カードデッキを選ばずに使えるものは限られている。

魔法カード

罠カード

レジェンドカードについて

 レジェンドカードモンスター魔法問わず1枚しか投入できない。
 【ドラゴン族】《青眼の白龍》【攻撃力0】《右手に盾を左手に剣を》のようにデッキコンセプト上ほぼ一択となるデッキもあるが、そうでもない場合は以下から1枚選ぶと良い。

モンスターカード

罠カード

デッキの派生

【竜魔】

 ラッシュデュエル発売初期から1年あまりトップメタに立ち続けているデッキ
 竜=【ドラゴン族】と魔=【魔法使い族】というサポートカードの手厚い2種族を軸としたグッドスタッフデッキである。

 ラッシュデュエル罠カードの中でも頭1つ抜けた性能を持つ《ダーク・リベレイション》が切り札。
 《ダーク・リベレイション》墓地に4体の魔法使い族が必要なため、デッキモンスター魔法使い族の方が多めとなる。
 《ライト・ソーサラー》《ダーク・ソーサラー》《セブンスロード・メイジ》《ささやきの妖精》《風使いトルネ》《ミスティック・ディーラー》辺りが主力となる。
 一方のドラゴン族側は、《輝岩竜》《フェニックス・ドラゴン》《連撃竜ドラギアス》の3種類というのが基本パターンである。
 《輝岩竜》《フェニックス・ドラゴン》はそれぞれ魔法使い族側では層が薄い地属性炎属性であり、《セブンスロード・マジシャン》攻撃力を上昇させる役割も担う。
 魔法・罠除去カード《マジカル・ストリーム》《火竜の熱閃》の6枚体制で、相手《ダーク・リベレイション》破壊を狙う。

 最上級モンスター《セブンスロード・マジシャン》《連撃竜ドラギアス》に加え《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》プレイヤーの戦略によっては《魔将ヤメルーラ》も入る。
 概ね、下級モンスター魔法使い族ドラゴン族最上級モンスターグッドスタッフという構成となる。

 《ダーク・リベレイション》が重要となるため魔法使い族を削ることはできず、デッキに何らかのカスタマイズを加える場合はドラゴン族側を削る事が多い。
 そのため、単に最上級モンスターグッドスタッフ化した【魔法使い族】となっている事もある。

《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》重視型

 高いフィニッシャー性能を持つ《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》リリース確保に特化したタイプ。
 《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》レベル5以上のモンスターリリースしてアドバンス召喚しなければ効果が使えないが、【グッドスタッフ】では上級モンスターの層が薄く、効果を適用するチャンスがあまり多くないという弱点がある。
 そこで、上級モンスター特殊召喚しやすいものを集め、《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》リリースを効率的に確保するのがこのタイプである。
 具体的な例としては、通常モンスターを採用して《デーモンの呼び笛》を使うデッキ《メガザウラー》《スーパー・キング・レックス》を採用して《メガザウラー》リリースにあてるデッキなどがある。

【フルモンスター】

 通称【フルモン】。
 デッキを全てモンスターで固めてしまったデッキ
 ラッシュデュエルでは1ターン通常召喚回数が無制限のため、デッキ内のモンスターを増やせばそれに比例して展開力が高まる。
 したがって、デッキ内を全てモンスターにしたデッキは、魔法・罠カードを搭載したデッキより展開力が勝ることになる。

 例えば、プレイヤーAの初手5枚が全てモンスターだった場合、最大限に展開すると最上級モンスター1体と下級モンスター2体を召喚できる。
 これに対し、プレイヤーBの初手5枚に魔法・罠カードが1枚ある場合、最上級モンスター1体と下級モンスター1体の召喚が限界となる。
 この時点でプレイヤーBはこのターンプレイヤーAのモンスターを全滅させられない事になり、Aはリリース要員を残したまま次ターンを開始することができる。
 (実際にはBが《連撃竜ドラギアス》を出した場合など例外は多いが。)
 こうしてテンポ・アドバンテージで勝ち、数的優位に立つのが【フルモンスター】の考え方である。

 また、【フルモンスター】には、相手の対魔法・罠カード対策カードを軒並み腐らせる効果もある。
 【フルモンスター】相手には《マジカル・ストリーム》《ハンマークラッシュ》発動する方法がなく、手札魔法&罠ゾーンで腐って相手ドロー魔法・罠カードセットを阻害するだけのカードとなる。
 《エンシェント・バリア》墓地モンスター戻すだけのカードとなり、《守護の竜魔導士》バニラとなる。
 こうした無駄なカードを引かせる事も【フルモンスター】がテンポ・アドバンテージで勝るために役立つ。

 魔法・罠カードが使えないため、《マジカル・ストリーム》などの種族サポートカードの多くが使用不能であり、種族デッキを組む利点が薄いため、【フルモンスター】は【グッドスタッフ】構築が基本形となる。
 例外的に【サイキック族】は比較的【フルモンスター】化しやすい。

 なお、別にデッキ内が全てモンスターであることを要求するカードなどがあるわけではないため、必ずしも完全な【フルモンスター】にする必要はない。
 例えばどうしても《ダーク・リベレイション》対策だけはしたい場合は《エンシェント・バリア》だけは入れる、といった選択肢は十分にありうる。
 こうした「ほぼフルモンスター」デッキは略して【ほぼモン】と呼ばれる。

 なお、手札が全て下級モンスターとなってしまうと、2枚の手札は使いきれずに残ることになり、数的に不利になってしまう。
 こういった事態を避けるために上級最上級モンスターの比率を高めておく、手札コストのある効果を持つ下級モンスターを採用しておくといった構築も考慮したい。

このデッキの弱点

 モンスターについては各種族のエース級を採用できるため戦闘能力は十分だが、どうしても魔法・罠カードの弱さが目立つ。
 特にモンスター除去手段が貧弱で、相手モンスターはそれを上回る攻撃力カードをぶつけて正面突破するほかない。
 この結果、マキシマムモンスターの突破手段がかなり限られており、《セブンスロード・マジシャン》の最大攻撃力を上回ると手出しが難しい。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-23 (木) 18:31:34 (31d)