【悪魔族】

デッキの概要

 悪魔族を用いた種族デッキ。
 「上級最上級モンスターリリースしてアドバンス召喚した場合に効果を得る」というロイヤルデモンズの性質をいかに引き出すかがカギとなる。

デッキ構築

モンスターカード

下級モンスター

上級モンスター

最上級モンスター

フュージョンモンスター

魔法・罠カード

魔法カード

罠カード

レジェンドカードについて

デッキの派生

《デーモンの召喚》

 「《デーモンの召喚》またはレベル7以上の悪魔族通常モンスター」のサポートカードを採用したタイプ。
 この指定を持つサポートカード《魔迅雷》《デーモンの受肉》《魔雷冥》の3枚存在する。

 《デーモンの受肉》は、該当モンスター相手攻撃破壊された場合に墓地通常モンスター蘇生する罠カード
 《魔雷冥》は、相手レベル6以上のモンスター召喚特殊召喚した場合に相手墓地モンスターの枚数×100効果ダメージを受け、そのモンスターを全てデッキ戻す罠カードである。
 この2枚の性能は高く、特に後者はトップクラスの墓地メタ効果と言える。
 《ダーク・リベレイション》をはじめとする墓地利用戦術を強く阻害できるだろう。

 《魔迅雷》は該当モンスターが存在する時に手札通常モンスター墓地へ送り相手に1300効果ダメージを与える通常魔法
 あまり効率の良い効果ではないので、こちらは趣味の範疇か。

 《デーモンの召喚》レジェンドカードであり1枚しか投入できないため、基本的には唯一のレベル7以上の悪魔族通常モンスターである《ロイヤルデモンズ・ノーウェイブ》を積極的に出していくデッキとなる。
 ある程度【攻撃力0】要素を入れてもいいだろう。

戦術

 切り札の効果こそ派手だが、むしろ防御カード効果破壊で相手の思惑を外しながら戦うメタビート系のデッキである。
 《ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ》による除去罠カード封じ、《激唱デモンズロック》《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》らによるモンスター除去《獣機界奥義 獣之拳》《キングス・ディグニティ》による防御と、相手に思うように行動させない事に長けている。
 下級モンスター攻撃力が低く戦闘ではアドバンテージを奪われやすいため、罠カードがこのデッキの生命線である。

 《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》の2枚が主力アタッカーだが、モンスター効果が使える状況で召喚できるかは手札状況に左右される。
 無理に状況が整うまで温存するよりは、攻撃力2500の効果なしモンスターとしてとりあえずアドバンス召喚していった方がよい場面も多い。
 《ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ》《獣機界奥義 獣之拳》のサポートが受けられるだけでもアタッカー性能は十分にある。

 《ダーク・リベレイション》を完封する《ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ》と、魔法使い族ドラゴン族メタ《獣機界奥義 獣之拳》のお陰で【竜魔】に強いのは大きなメリットである。

このデッキの弱点

 《ロイヤルデモンズ・ヘヴィメタル》《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》以外の攻撃力が軒並み低く、純粋な殴り合いには弱い。
 下級モンスター攻撃力《グレムリン》の1300止まりで、攻撃力1500のアタッカーには殴り負けてしまう。

 魔法・罠カード対策は《ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ》《魔人の熱風》に限られるため、破壊を行う罠カード以外への対処が難しい。
 特にフィールド魔法に対しては、一度貼られると破壊する手段がほぼない。
 不安ならば《ハンマークラッシュ》を搭載しても良いだろう。

 対【マキシマム召喚】の相性は微妙な所で、《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》効果さえ決めればどのマキシマムモンスターも倒せるが、それ以外の突破方法がほぼなく、《ロイヤルデモンズ・デスドゥーム》効果発動条件が厳しい。
 できれば《ロイヤルデモンズ・シャウト》マキシマム召喚自体を行わせないように動きたい。

リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-19 (日) 21:40:05 (35d)