魔法使(まほうつか)(ぞく)

デッキの概要

 魔法使い族を中心とした種族デッキ
 非常に強力な罠カード《ダーク・リベレイション》を使用できるのが最大の強み。
 種族デッキの中でもトップクラスの実力を有する。

《ミスティック・ディーラー》
効果モンスター
星3/水属性/魔法使い族/攻1000/守   0
【条件】手札のモンスター(魔法使い族)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。
《セブンスロード・マジシャン》
効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2100/守1500
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで、[自分の墓地のモンスターの属性の種類]×300アップする。
《ダーク・リベレイション》
罠カード
【条件】相手モンスターの攻撃宣言時、自分の墓地のモンスター(魔法使い族)4体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。

デッキ構築に際して

 メインアタッカーである《セブンスロード・マジシャン》効果の関係上、デッキモンスター属性をバラけさせることを意識すると良い。

メインデッキモンスターについて

下級モンスター

上級モンスター

最上級モンスター

魔法・罠カードについて

魔法使い族サポートカード

レジェンドカードについて

魔法カード

戦術

 《ダーク・リベレイション》の存在が最大の武器であるため、常に墓地に4枚以上の魔法使い族を確保できるように動くのが重要。
 墓地魔法使い族が4枚あり、伏せカードが1枚あるだけで、相手は迂闊な攻めを行うことができないプレッシャーが働く。
 相手は、モンスター2体を攻撃表示・1体を守備表示にして攻撃する、あるいは《ダーク・リベレイション》対処札が来るまで攻撃しない、といった動きを強いられ、攻勢を削ぐことができる。
 《ささやきの妖精》《クリア・アイス・ドラゴン》等で墓地を削ってくる相手もいるので、4枚落として安心するのではなく、その後もある程度墓地肥やしを重視した動きを行うことが望ましい。
 墓地肥やし《セブンスロード・マジシャン》を育てることにも繋がるため重要である。

デッキの種類

《ブラック・マジシャン》採用型

 レジェンドカード《ブラック・マジシャン》を搭載した型。
 元々の攻撃力が2500あるため、相手ターンには《セブンスロード・マジシャン》より強い。
 だが、《ブラック・マジシャン》最大の特徴は、専用サポートカード《黒・魔・導》《千本ナイフ》の存在である。
 前者は相手魔法・罠カードを全て破壊、後者は無条件に相手モンスター1体を破壊する効果を持ち、いずれもラッシュデュエル基準では破格の除去魔法カードである。

 サポートカードの性能は圧倒的なのだが、問題は《ブラック・マジシャン》レジェンドカードであること。
 デッキに1枚しかない《ブラック・マジシャン》を引き当てないと《黒・魔・導》《千本ナイフ》は完全に腐ってしまい、また《ブラック・マジシャン》墓地に落ちてしまってもやはり役に立たない。
 《トライアングル・リボーン》のような《ブラック・マジシャン》蘇生ないしサルベージする手段を確保した上で、デッキを掘り進める手段も採用したい。

デッキの派生

【竜魔】

 【ドラゴン族】と【魔法使い族】の混成デッキ
 ラッシュデュエル発売開始直後から常に環境トップに立ち続けている。

 詳細はこちらを参照。

このデッキの弱点

 全体的にレベル5以上のモンスター達の元々の攻撃力が低く、特に最上級モンスターはほぼ《セブンスロード・マジシャン》のみで層が薄い。
 《セブンスロード・マジシャン》相手ターンでは攻撃力2100と最上級モンスターとしてはかなり低い数値であり、純粋な戦闘では受けが脆いと言える。
 無論2種の優秀な種族サポート罠カードがそれを補ってくれるのだが、墓地の枯渇や《人造人間-サイコ・ショッカー》等でこれを封じられると一気に厳しくなる。

 この受けの弱さを補う最良の方法は、他の種族から最上級モンスターを借りてくる事である。
 この結果、純【魔法使い族】よりも【竜魔】を組んでしまうのが一番強い、という状態が長らく続いている。

 苦手なデッキとしては、複数の種族サポートカード魔法使い族メタ効果が含まれる【水族】が挙げられる。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-09 (土) 22:16:45 (15d)