レジェンドカード

 「LEGENDアイコンがついているレジェンドカードは、デッキに合計1枚しか入れられない。

 (公式サイトより引用)


 遊戯王ラッシュデュエルの特徴の一つ。
 通常のカード同名カードデッキに3枚まで採用できるが、レジェンドカードは全てのレジェンドカードから1枚しかデッキに入れることができない。
 これは全てのレジェンドカードに共通するデメリットであり、「レジェンドカード同士のコンボ」もできない。

 レジェンドカードのモンスターカードは、同レベルの他のモンスターに比べてステータスが高いものが多い。
 レジェンドカード以外の最上級モンスターの最高攻撃力は2500だが、レジェンドカードである《青眼の白龍》攻撃力が3000もある。
 魔法・罠カードの場合も、レジェンドカード以外のカードと比べ緩い条件汎用性の高い効果を有するものが多い。

 《ブラック・マジシャン》《真紅眼の黒竜》のように、レジェンドカードではあるが単体性能はレジェンドカードではないモンスターと大差ないカードもある。
 その場合は、《ブラック・マジシャン》には《黒・魔・導》ほか、《真紅眼の黒竜》には《黒炎弾》など、専用サポートカードが高性能なことで差別化されている。

  • 1つのデッキに採用できるレジェンドカードの枚数は、1種のレジェンドカードにつき1枚ではなく、全レジェンドカードから1枚である。
    例えば《青眼の白龍》《真紅眼の黒竜》を1枚ずつデッキに入れるというようなことはできない。
  • 「レジェンド(LEGEND)」とは「伝説」のこと。
    • 現在のところレジェンドカードは全て、遊戯王OCGから輸入されたカードである。
      また、その多くが遊戯王シリーズの原点である漫画『遊☆戯☆王』において、メインキャラクターに使用されたカードであり、「伝説」の名を冠するだけの知名度を有するカードが多い。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメSEVENSには《青眼の白龍》などが登場しているが、いずれのカードにも「LEGEND」のアイコンがなく、このルールが存在しているかも不明。
    登場人物からも「レジェンドカード」という言及は無いが、ユウカが《戦士の生還》発動する際に「レジェンド魔法カード」「デュエル球界のレジェンド」と発言している。
    なお、現段階まで作中のデュエルでは、片方のプレイヤーが現実でレジェンドカードに相当するカードを重複して使用した事は無いので、こちらのルールとも矛盾は無い。
    • これらに関しては、ラッシュデュエル化の際のネタバレになってしまうため、その防止策の可能性もある。
  • 現実世界での扱いに配慮してか、作中でこれに該当するカードが使われた場合、ギャラリーや使用者からそのカードパワーの高さに言及されるケースも少なくない。
  • 手書きでカードを描いている漫画『遊☆戯☆王SEVENS ルーク!爆裂覇道伝!!』でも「LEGEND」のアイコンがない。
    一方、漫画『遊☆戯☆王ラッシュデュエルLP』では、手書きではなく実物のカードをスキャンした物を使用している為「LEGEND」のアイコンがあり、登場人物からも「レジェンドカード」という言及がある。

レジェンドカード一覧

 ※は専用サポートカードがあるカード

通常モンスター

効果モンスター

魔法・罠カード

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-19 (火) 14:17:05 (5d)