最上級モンスター

 レベル7以上のモンスターのことを指す俗称。(非公式用語)
 ただし、アニメなどでこの用語が用いられることがあり、半公式用語とも言える。

 通常召喚を行う場合には、モンスター2体をリリースしてアドバンス召喚を行う必要がある。
 攻撃力守備力下級モンスター上級モンスターより高く、戦闘で倒されにくいのが特長である。
 ラッシュデュエルアドバンス召喚が行いやすいルールのため、ほとんどのデッキは最上級モンスターのアドバンス召喚を戦略の軸としている。

 その反面リリースが多く必要なため、積みすぎると召喚できず腐る可能性が高まり、手札事故を引き起こす危険性がある。
 最上級モンスターが手札に溜まってしまうと次のターン通常のドロー枚数が減り、リリース要員となる下級モンスターを引き込めるチャンスも減ってしまうため、一気に敗北に繋がりかねない。
 40枚のデッキであれば概ね6~8枚程度の採用が一般的である。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメSEVENSの「遊我vsホログラムの男」戦でホログラムの男が《青眼の白龍》アドバンス召喚する際に「最上級モンスター」と発言していた。
    また、第3話においてガクトがアドバンス召喚に必要なリリースの数について説明する際にも「レベル7以上の最上級モンスター」と発言していた。

関連リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-19 (日) 22:37:21 (35d)